社交的で明るい性格の人が多いですが、双極性障害などの病気に罹りやすいです

サイトメニュー

普段はおおらかで明るい

カウンセリングを受ける男性

感情に変化が出てきたら通院を

他人から評価されることでやる気を出しやすいタイプの循環気質は、よく喋る明るい印象の性格です。人の輪に入るのが得意な性格のため、周囲からの評価もよくムードメーカー的な存在と言えるでしょう。実は、循環気質の人がやる気にあふれるためには、他人からの評価がどれくらい得られるかということが重要になっています。自分の評価が得られないところからは離れたくなる性質の持ち主であるため、鬱病を発症する人も見られます。また、深い付き合いとなるような人間関係は苦手で、誰とでも広く浅く付き合っていきたいタイプです。気配り上手であるため頑張りすぎて疲れてしまうこともあり、ストレスを抱え込まないように気をつける必要があると言えるでしょう。多くの人とコミュニケーションを取るのが得意なことから、物事に対して責任を感じやすくなる人もいます。やる気のあるときは業績を上げやすい特長があり、褒められることで自分を伸ばしていくことが可能です。学校や会社では、わずかでも褒めてくれる人と行動を共にすると好成績を出しやすくなります。鬱病にならないための対策としては、褒められなかったり評価しない人のことは気にしないように心がけることです。食欲も旺盛で美味しいものを食べに行ったり、賑やかな場所へ出て買い物をしたりするのが趣味という特長があります。遊ぶことが好きな性質ですが、社会に出ることが好きな人が多く、自分で収入を得られるので金銭的には順調になりやすいと言えるでしょう。躁鬱の傾向が出てくると、買い物をしすぎるなど過剰になります。

いつも明るい性格という印象が強い循環気質の人が、鬱病になりやすい性質の持ち主であることを意外に感じる人も多く注目されています。常に頑張る傾向にあり、努力すればそれに見合った評価が得られると考える人が鬱病になりやすいと言えるでしょう。循環気質の場合は、他人からの評価を自己評価としている傾向が強く、思ったような反応が得られないと落ち込みやすくなります。また、この循環気質は自分の持っている遺伝子のタイプによって決まり、持って生まれた性質と言えます。それぞれ人間は、いくつかの性質に生まれつき分けられていると判明してきているため、性質そのものは変わりません。持って生まれた性質から自分が躁鬱病にかかる可能性があるのか判断でき、また鬱病にならないように心がけることも出来ます。万が一、何かのつまずきがきっかけで不眠や不登校などの鬱状態に陥ってしまった場合は、心療内科や精神科に通うのが賢明です。病院の診断で循環気質の傾向があると判明した場合には、他人からの評価を気にし過ぎないようにすれば次第に気持ちが軽くなるでしょう。社会に出る上では気の合わない人もいるため、自分と合わない人に会った時に悩んだりしないことが病気にならない秘訣と言えます。自分の生まれつきの性質を知ることで良い点や弱点が判明するため、落ち込む割合が減るようになります。また、周囲の人も相手が循環気質であることを理解すれば接し方が分かり便利です。対人関係を円滑にするためのきっかけとなるため、性質の判断は今後も注目されるでしょう。

Copyright© 2019 社交的で明るい性格の人が多いですが、双極性障害などの病気に罹りやすいです All Rights Reserved.