社交的で明るい性格の人が多いですが、双極性障害などの病気に罹りやすいです

サイトメニュー

早期の診察と治療が必要

男性

心の病になりやすい性格があります

うつ病は特定の性格を持つ人に対して環境的要因が重なることで発症すると言われています。特に失業や退職、病気や怪我など身辺状況の大きな変化は病気になるリスクを高めます。しかも結婚や出産といった喜ばしいことでさも、心身へのプレッシャーとなり、うつ病を引き起こすことがあるのです。そしてうつ病患者の脳は神経伝達物質であるセロトニンやアドレナリン、ノルアドレナリンなどのバランスが崩れ、感情のコントロールが失われている状態です。人の性格はこれら神経伝達物質の反応の仕方によって形成されているので、あらかじめうつ病になりやすいタイプの性格を割り出すことができます。中でも性格的に循環気質を持つ人は社交的で世話好きな人が多いうえに環境にも順応するので、一見して心の病とは無縁のようにさえ感じられます。しかしこの循環気質な人は陽気な躁状態のときと暗いうつ状態とを一定期間に何度もくり返します。そして他人の評価がとても気になり周囲から認められたいという願望が強いのが特徴です。さらに少しでも社会のルールにからはみ出してしまうと、強い罪の意識を持ち、ストレスを溜め込むことで心を病んでいきます。このような病前性格が判明すれば、うつ病へ繋がる感情を回避させることが可能となり、予防することもできます。もし循環気質である人がうつ病になっても慌てることはありません。専門医による適切な治療を受ければ、完治させることができます。個々に応じたきめ細かい治療をすることができるので、短期間での回復を期待することができるようになります。

循環気質である人は、うつ病や統合失調症などさまざまな種類の精神疾患を患う可能性があります。少しでも普段と違う言動や行動が見られたら、できるだけ早く専門医の診察を受けましょう。精神科ならすべての種類の精神疾患を扱うので、適切な治療を受けることができます。もし本人が治療を拒んだら、家族や身近な人だけでも相談に応じてくれるので諦めてはいけません。まず治療の中心となるのは薬物療法ですが、循環気質のような心理的特質を持つ人には、心理療法による治療が高い効果を発揮することがあります。特に認知行動療法は、偏った気質傾向がある人に対して自分の性格が生み出すストレスから解放させることを可能にします。このような心理療法が受けられる医療機関を選びましょう。そして心の病の治療は医師との信頼関係が治療効果に大きく影響してくることがあります。さまざまな症状に対して抗うつ剤や向精神薬、睡眠薬などの量や回数を加減しなくてはなりません。コミュ二ケーションが円滑になされていないと症状についての詳細を伝えることができず、治療期間が長引く原因となります。もし長期間回復の兆候がみられない場合や担当の医師との相性が悪いと感じたら、治療を受ける医療機関を変えてみるのが得策です。そして優良な医師が在籍する医療機関は評判も良いものです。インターネットを利用して口コミサイトの口コミを参考にしましょう。実際に治療を受けたことのある人の体験談や感想が掲載されているので、選ぶ際の判断材料となります。日頃から高い評価を受け続けているところなら安心して治療を受けることができます。

Copyright© 2019 社交的で明るい性格の人が多いですが、双極性障害などの病気に罹りやすいです All Rights Reserved.